美国经济“增速放缓” 地方联储报告归因变异毒株影响

2021/9/11    键睿智库   致力于围绕国际和地区热点问题,在线上和线下搭建活跃的公共交流平台。

  美联储委员会(FRB)9月8日发表了地区联邦银行经济报告,总结美国经济从7月初到8月“发展小幅放缓”。印度型变异毒株的扩散打击了餐饮、观光、旅游业的活动,部分行业还受到供应不足以及劳动力短缺的影响。

 【ワシントン=長沼亜紀】米連邦準備理事会(FRB)が8日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、7月上旬から8月にかけて米経済は「拡大ペースがわずかに鈍化した」と総括した。新型コロナウイルスのインド型(デルタ型)の流行で飲食、旅客、観光業の活動が弱まったほか、供給制約や人手不足で成長が鈍った産業もあった。

  分析此前的报告可以发现,对美国经济扩张的描述从之前的“增强”转为了现在的“放缓”,对经济形式的评价降低。除制造业、交通运输业、金融以外,服务业、房地产行业表现良好,但印度型毒株感染的蔓延引发了民众的担心,并且由于国际旅客限制,接待服务行业收到了恶劣影响。

 同報告によると、経済拡大ペースは、前回の「力強さを増した」から、今回は「緩やか」に表現が変わり、景気判断を引き下げた。製造業、輸送業、金融以外のサービス業、住宅不動産は好調だったが、デルタ型の感染拡大による懸念の高まりや国際旅客制限の影響で、接客サービス業に悪影響が表れた。


  美国达拉斯联邦银行地区报告称“受到疫情重新蔓延的影响,打算依靠秋季商务旅行或其他活动之势复苏的企业又降低了预期”,人才市场也表示“由于未来的不确定性,需求趋于放缓”。

 ダラス連銀地区は「秋に出張やイベントの力強い回復を期待していた企業がコロナ再流行で見通しを引き下げた」と報告し、「先行き不透明感から需要が鈍化した」との人材派遣業の声も伝えた。


  分析原因认为,汽车销售行业由于半导体供应不足陷入低迷,而房地产销售行业也由于资源短缺行情不佳,但均不是由于需求不足造成的。部分地区的个人消费需求降低,但是从整体上来看还是呈缓慢增长的态势。

 半導体不足で自動車販売が落ち込んだほか、物件不足から住宅販売が低迷したものの、需要の弱さが原因ではないとの認識を示した。個人消費は一部でやや弱まったが、全体では緩やかに増えた。

  尽管增速不同,所有地区的就业率都有所上升。美国所有地区都指出“劳动力严重不足”。部分地区报告称“受新型变异毒株感染病例增加影响,重返工作岗位的计划被推迟”。由于劳动力短缺,用工企业提高了工资,特别是低收入人群工资收入增长势头“强劲”。用工单位之间为了确保人手竞争激烈,克利夫兰联储的卡车承运工人称“今年内工资上涨了5次”。

 ペースにばらつきはあるが、雇用はすべての地区で引き続き増加した。全地区が「著しい労働力不足」を指摘した。「デルタ型の感染増で職場復帰の計画が先延ばしされている」と報告する地区もあった。労働力不足で賃金は上昇しており、低賃金労働者の賃金上昇に「特に勢いがある」とした。人手確保をめぐる競争が激しくなっており、クリーブランド連銀地区のトラック運送業者は「今年すでに5回賃上げした」と報告した。


  物价依然保持迅猛的涨趋势。由于物资紧缺,采购价格大范围上行压力增加,金属及其相关制品、货运及运输服务、建材等价格显著。公司发现更容易转嫁成本,部分地区报告称“一些公司计划未来大幅提高售价”。

 物価上昇は強い伸びを保った。材料不足で仕入れ価格の上昇圧力が広範囲にわたって続き、金属、金属製品、貨物・輸送サービス、建築資材が著しく高騰した。企業はコストの転嫁がしやすくなっていると感じており、一部地区は「今後の販売価格の大幅な引き上げを予定している企業もある」と報告した。



Copyright © 2021.键睿智库   China / Japan
严禁擅自复制、转载、链接网站上的所有著作(文章、图片、图片等) 
ICP备案:2020034799