日本首次放出国家石油储备 各国协调行动,效果未知

2021/11/23    键睿智库   致力于围绕国际和地区热点问题,在线上和线下搭建活跃的公共交流平台。

  日本政府正在商讨释放国家石油储备的具体措施。过去,日本曾有过要求民间机构释放石油储备的例子,但还有没有过释放国家石油储备的先例。在全球油价趋升的背景下,日本响应了美国政府的呼吁,一改此前的谨慎态度。日本主要围绕释放库存盈余这一方案进行讨论,大部分意见认为释放石油量有限,能起到的政策效果还是未知数。

 政府は石油の国家備蓄放出に向け具体策の検討に入った。民間に義務づける備蓄の放出は過去に例があるが、国家備蓄を出すのは初めてだ。世界的な原油高を背景に米政府からの呼びかけに応える形で、慎重姿勢から転換した。備蓄の余剰分を放出する案を軸に検討する。放出量は限られる見込みで、政策効果は未知数との指摘が多い。

图片


日本过去放出石油储备的例子

1991年

海湾战争

与国际能源署(IEA)协调后,释放了民间机构储存的相当于4天国内需求量的石油

2005年

美国遭遇飓风“卡特里娜”

与国际能源署(IEA)协调后,释放了民间机构储存的相当于3天国内需求量的石油

2011年3月

东日本大地震

日本独自决定分阶段放出民间机构储存的相当于25天国内需求量的石油

2011年6月

利比亚局势恶化

与国际能源署(IEA)协调后,释放了民间机构储存的相当于3天国内需求量的石油

  日本现任首相岸田文雄于20日表示正在考虑释放石油储备。在视察松山市时,岸田文雄向记者表示“日本将以与美国以及其他关系国家的协调为前提推动法律方面的讨论”。

 岸田文雄首相は20日、備蓄放出を検討していると表明した。視察先の松山市内で記者団に「日米(両国)、関係国との協調を前提としながら法的に何ができるか検討を進めている」と話した。


  截至9月底,日本的石油储备量大约相当于240余天的国内需求。其中国家储备量可满足145天需求,石油公司等民间机构义务储备量约90天,产油国共同储备为6天。民间机构最近一次释放石油储备是在2011年利比亚形势恶化而决定的。

 日本の石油備蓄は9月末時点で国内需要の240日分程度ある。国家備蓄が145日分、石油会社などに義務付ける備蓄が90日分、産油国共同備蓄が6日分。民間備蓄は直近だと、リビア情勢の悪化を受けて2011年6月に放出を決めた。

图片

  《石油储蓄法》允许在石油供给可能中断或发生灾害时释放储备。而这次此日本以抑制石油价格上涨为目的进行释放的行为则不包含在预想中。

 石油備蓄法は供給が途絶する恐れがある場合や災害時の放出は認める。今回のような価格高騰の抑制を目的にした放出は想定してこなかった。


  日本在考虑释放国家石油储备的盈余部分。由于日本国内原油需求下降,每日必须储备量也相应减少。日本计划将多出的这一部分进行释放。根据国际能源署(IEA)的标准,国家石油储备与产油国联合储备的一半相加,如果可以确保相当于90天的进口量,就可以释放超出规定量的石油。日本的考虑正是不受到法律约束的对石油的灵活释放。

 具体的には国家備蓄の余剰分の放出を検討する。原油の国内需要の減少で1日あたり必要な備蓄量も減るため、この分を放出に回す。国家備蓄は産油国共同備蓄の半分と合わせ国際エネルギー機関(IEA)基準で90日分の輸入に相当する量を確保すればよく、超過日数分も放出できる。法律に縛られない機動的な放出のための判断だ。

  也有方案计划把将充盈国库的石油销售收入作为政府从年底开始抑制汽油价格上涨的补助金财政来源。

 国庫に入る売却収入を、政府が年内の開始をめざすガソリン価格の高騰を抑える補助金の財源にする案もある。


  据政府相关人士称,除了日本以外,美国还要求中国、韩国和印度释放石油储备,目的是通过各国的协调应对来平息市场的动荡。19日,美国原油期货价格一度跌破3美元大盘,创下一个半月以来的新低,报收75美元/桶。

 政府関係者によると、米国は日本以外に中国や韓国、インドにも放出を要請。各国の協調対応で相場の沈静化をめざす狙いだ。19日の米原油先物相場は一時、3ドル超下落し1カ月半ぶりに1バレル=75ドル台をつけた。

图片

  过去曾出现由于民间机构放出石油导致石油供应中断或出现中断可能的例子,IEA呼吁成员国保持共进退的立场。IEA并未将释放储备作为价格控制的措施。关注各国对以美国为首的要求的配合程度。

 過去の民間備蓄の放出は石油の途絶が生じたり恐れがあったりしたケースで、IEAが加盟国に呼びかけ足並みをそろえた。IEAは価格抑制策としての放出は念頭にないとされ、米国主導の要請に各国がどれだけ賛同するかが焦点になる。


  有观点认为即使日本最终决定释放石油储备,市场上增加的供给还是有限的。2011年6月在IEA的协调下放出石油储备后,美国原油期货市场中每桶原油的价格从95美元降低到了91美元,但是仅时隔一周价格又回升到释放前的水平,并不能造成长期影响。

 仮に放出が決まっても、増える供給量は限られるとの見方が強い。11年6月の協調放出の際も、発表直後に米原油先物相場は1バレル=95ドル前後から91ドルほどに下がったが、1週間程度で発表前の水準に戻った。効果が続く期間は長くはない。


  应对气候变化的势头日渐高涨,对于化石燃料开采的投资正在减少。日本能源经济研究所首席研究员小山坚表示“不仅是石油,将来所有的资源价格都可能上涨。要加快脱碳化发展,同时也要保持对化石燃料的适当投资”,呼吁政府必须从长远的角度制订政策。

 気候変動対策への機運の高まりから足元では化石燃料の採掘などへの投資はしぼむ。日本エネルギー経済研究所の小山堅首席研究員は「原油に限らず資源の高騰は将来も起こる恐れがある。脱炭素を急ぐとともに、化石燃料への適切な投資が欠かせない」と指摘。長期視点に基づく政策対応が必要と訴える。



Copyright © 2021.键睿智库   China / Japan
严禁擅自复制、转载、链接网站上的所有著作(文章、图片、图片等) 
ICP备案:2020034799