美国限制对华半导体出口 针对超级计算机 防止军事性利用(上)

2022/10/10    键睿智库   致力于围绕国际和地区热点问题,在线上和线下搭建活跃的公共交流平台。

  美国拜登政府7日宣布进一步加强半导体先进技术对华出口的相关规章制度。因怀疑中国将相关技术运用于开发“极超音速导弹”这一军事技术上,美方还将目光放在了超级计算机等领域上,抑制其技术“外传”。

 バイデン米政権は7日、半導体の先端技術を巡り中国への輸出規制強化を発表した。スーパーコンピューターなどに照準を定めて技術移転を抑える。音速の5倍以上の速度で飛ぶ「極超音速ミサイル」といった軍事開発に転用される懸念があるためだ。

  美国商务部高层解释称“中国为开发超级计算机倾注了资源,并利用这项技术来监视、跟踪本国国民,推进军事性改革”。美国这一动作的着眼点在于削弱中国的技术能力。

 米商務省高官は「中国はスパコンの開発に資源を注ぎ、これらの能力を利用して、自国民を監視・追跡し、軍事的革新を進めている」と解説した。中国の技術力を弱めることに主眼がある。


  如果需要向中国出口在计算机、人工智能(AI)等所必需的先进半导体或特定的半导体制造装置时,必须要获得美国商务部的许可。如果有安保方面的嫌疑将被禁止出口。

 スパコンや人工知能(AI)などに必要な先端半導体や特定の半導体製造装置を中国に輸出する場合、商務省の許可制とする。安全保障上の懸念があれば輸出を認めない。

    规则规定除美国企业生产的半导体或在美国生产的半导体外,在美国境外制造的使用了美国技术的产品原则上也禁止对华出口。

 米国企業の半導体や米国で生産した半導体に加え、外国でつくった製品でも米国の製造技術を使っていれば輸出を原則認めないルールを取り入れる。


  美国意在让中国企业先进半导体制造和技术开发陷入停滞。美方禁止面向中国的高性能半导体工厂的出口行为。禁止出口的对象中还包含为研究开发超级计算机使用的程序和设计软件。

 中国企業による先端半導体の製造や技術開発もしづらくさせる。中国企業の高性能半導体工場への輸出は認めない。スパコンを研究開発するためのソフトウエアや設計ソフトも対象になる。

      因美企半导体进口难度增加,中国政府正在努力提高自给率。而美国的新规正是为防止中国先进半导体制造自主化。同时,被认定为“支持中国半导体生产开发”的美国企业将被列为处罚对象。

 中国政府は米国企業の半導体を入手しにくくなっているため、自給率の向上をめざしている。新たな規制は中国による先端半導体の内製化を止める狙いがある。「中国による半導体の生産や開発を支援している」とみなした米国企業は処罰の対象にする。


  到目前为止,中国国企系的计算机巨头、新兴信息产业等一部分企业使用了被限制出口的高科技产品装置。根据新规,不论交易对象,面向中国的出口行为一律被囊括进管辖范围。
 これまで中国政府系のスパコン大手、曙光信息産業など一部企業にはハイテク製品の輸出を禁じる装置を講じていた。今回の規制により、取引先を問わず中国への輸出全体に網をかける。

未完待续

本文来自日本经济新闻,2022年10月8日

内容不代表智库立场


Copyright © 2022.键睿智库   China / Japan
严禁擅自复制、转载、链接网站上的所有著作(文章、图片、图片等) 
ICP备案:2020034799