如何弥补元宇宙欠缺的“无意识”:“日本2022年元宇宙峰会”提及探索未知空间的几点思考(10)

2022/10/1    键睿智库   致力于围绕国际和地区热点问题,在线上和线下搭建活跃的公共交流平台。


  “在自己存在的空间,用户更享受与自己的兴趣和价值观接近的场所,会让他们更舒适。然后,在资本主义下运营这样场所的平台通过算法提高了匹配的精度,为用户制造可供选择的舒适空间。

 「自分が存在する空間において、ユーザーは自分の興味や価値観が近い場所のほうが楽しいと感じますし、居心地のよさにもつながります。すると、資本主義のなかで場所を運営するプラットフォーマーは、アルゴリズムによってマッチングの精度を上げてユーザーに選ばれる居心地のよい空間をつくっていきます。


  但是,一昧追求舒适将会向村落社会化发展产生分化。为了不做出这样的选择,我们必须要讨论企业应该把什么作为评价系数,将什么视作幸福这样的哲学。我认为元宇宙正在步入这个阶段。”

 しかし、気持ちのよさだけを追求していくと村社会化して分断が進んでいく。そうした選択をしないためには、企業が何を評価関数とし、何を幸せとするかの哲学を議論する必要がある。メタバースは、そういう時期に差し掛かっているのだと思います」

         藤井同意这一点,并解释了元宇宙中技术的作用本质。

 藤井はこれに同意し、メタバースにおけるテクノロジーの本質的な役割を説く。


  “技术能创造的就是财富。但如果只限于物质上的财富,一定会触碰到资源上限,让所有的人都得到平等的财富也是很困难的。技术能创造的资源相对便宜也没有限制,我们应该考虑的是提供什么可以让更多的人得到这些财富。‘财富’将被重新定义,答案也会慢慢浮出水面。”

 「テクノロジーがつくれるものは、やはり豊かさなんです。物理的な豊かさのみに縛られていると、どうしてもリソースには上限があるし、すべての人々が等しく得られるかというと、それも難しい。テクノロジーがつくるリソースは比較的安価で無制限ですから、何を提供すればより多くの人々に豊かさを与えることができるかが、ぼくらが考えるべきこと。『豊かさとは何か』をもう一度定義していくことで、少しずつ答えが出てくるのではないでしょうか」

      MVJ 2022由多领域的展位和19个分会场组成,历时6小时,参会者以全面而多样的讨论开展会议并圆满结束。在整个日程中,发言者和参与者也许都只进行了探索性的探讨。

 多岐にわたる展示ブースと19のセッションで構成され、約6時間に及んだ「Metaverse Japan Summit 2022」は、包括的で多様なディスカッションが方々で展開され、幕を閉じた。全体を通して、登壇者も参加者も含め、みな手探りでの議論であったかもしれない。


  但是,这次会议发掘了为以更好的方式落实元宇宙中诞生的新经济、文化、社会性的可能性的重要线索。

 しかし、メタバースによって確実に生まれていく新たな経済、文化、社会性の可能性を、よりよいかたちで実装するための重要なヒントが散りばめられたカンファレンスであった。

END

本文来自WIRED内容不代表智库立场


Copyright © 2022.键睿智库   China / Japan
严禁擅自复制、转载、链接网站上的所有著作(文章、图片、图片等) 
ICP备案:2020034799