如何弥补元宇宙欠缺的“无意识”:“日本2022年元宇宙峰会”提及探索未知空间的几点思考(9)

2022/9/30    键睿智库   致力于围绕国际和地区热点问题,在线上和线下搭建活跃的公共交流平台。

  “在现实世界中,‘一起走路’是预测对方速度并协调步伐的行为。这时会出现存在于身体和空间上的难以表述的‘对对方的体贴之心’。但是想要在元宇宙通过编程呈现这一点会很难。游戏中也存在一种流派,能够从上述人体的复杂性、绝妙的神韵带来的愉悦中找到价值。

 「現実世界で『一緒に歩く』ことは、相手のスピードを予測して歩調を合わせるという行為です。そこには、身体と空間にあるそこはかとない『相手への思いやり』が存在します。ただ、それをメタバース上でプログラミングしようとすると非常に難しい。ゲームは、そうした人間の身体がもつ複雑さ、絶妙なニュアンスがもつ幸せに価値を見出してきたジャンルでもあるんです。

  当你在游戏里得到治疗你会表达感谢,当你要杀掉对方时也会做出表达‘抱歉了哦’这样的姿势。我认为今后的元宇宙能将‘可传达的信息’遗漏的细节再次带回到数字空间。

 ゲーム内で回復してもらったらお礼をしたり、見殺しにしたときは『ごめんね、テヘ』みたいなポーズがあったりするのもそうですね。これからのメタバース空間とは、こうした『伝達可能な情報』から削ぎ落とされてきたものを、もう一度デジタル空間上に取り戻す可能性をもつものなのではないかと考えています」


对于元宇宙,哲学是必须的

メタバースには、哲学が必要だ


  据三宅所说,游戏空间中,世界存在故事线,用户有角色分工。另一方面,元宇宙既不存在故事线也不存在角色分工。有的是经济性、社会性。因此,他强调应该找到和现实相联系的价值。

 三宅によれば、ゲーム空間においては世界には“物語”があり、ユーザーには“役割”がある。他方で、メタバースには物語も役割もない。新しいのはそこに経済性と社会性があることだという。だからこそ、現実とつながることに価値を見出すべきだと強調する。

      当元宇宙作为现实世界(包含物理信息)中的实时信息收集装置发挥作用时,可能会出现新的社会关系轴。例如,元宇宙和现实任何一侧的经历可能会让某人和初次见面之间出现新的联系,从一句“那个时候,我们曾经在那里偶遇过呢!”开始。丰田接过话头。

 現実世界の(身体性も含めた)リアルタイムな情報集約装置としてメタバースが機能するとき、新たな社会的関係の軸が立ち現れるかもしれない。例えば、メタバースと現実どちらかのログをたどれば『あのとき、あそこですれ違っていましたね!』から始まる、初対面の相手との新たなつながり方が生まれる可能性もある。豊田は、これを受けて次のように続ける。


  “曾被认为不可能进行数值化或演算的信息,如借由数据平台完成所有的事项、关系性、感性、物理性、无意识、空间等被记录到世界上,在其带来的压倒性的恐怖感和价值中,社会上可能就会突然出现截至目前完全不同的社会联系和评价体系。

 「デジタルプラットフォームを介してあらゆるトランザクションや関係性、感性や身体性、無意識、空間などの数値化や演算が不可能とされてきた情報が世界に記述されることの、圧倒的な怖さと価値の双方があるなかで、社会のなかで、これまでとはまったく異なる社会のつながりや評価軸が突然生まれ始める可能性はありますよね」

未完待续

本文来自WIRED内容不代表智库立场


Copyright © 2022.键睿智库   China / Japan
严禁擅自复制、转载、链接网站上的所有著作(文章、图片、图片等) 
ICP备案:2020034799